生命保険料控除制度 の改正

おはようございます😀

今日も元気に営業している
オフィスアイです★

今日は改めて、
「生命保険料控除制度」の改正 について書きたいと思います。

まず、
平成24年より「生命保険料控除制度」が改正されました。

改正内容の概要

「介護医療保険料控除」の新設

「各保険料控除の適用限度額」の変更

「合計控除適用限度額」の変更

介護医療保険料控除 の新設

従来は「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の2つに
分けられていましたが、改正以降は、介護・医療保障を対象とした
契約の払込保険料について「介護医療保険料控除」が新たに設けられました。

各保険料控除の適用限度額 の変更

◆一般生命保険料控除 の適用限度額

→所得税4万円・住民税2.8万円
(旧制度:所得税5万円・住民税:3.5万円)

◆個人年金保険料控除 の適用限度額

→所得税4万円・住民税2.8万円
(旧制度:所得税5万円・住民税:3.5万円)

◆介護医療保険料控除 の適用限度額

→所得税4万円・住民税2.8万円

合計控除適用限度額 の変更

「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」及び「介護医療保険料控除」をあわせた全体の控除適用限度額が所得税10万→12万に拡充されました。(住民税は現行通り7万円のままです)

これらは、原則、契約日が平成23年12月31日以前の契約については
改正後である平成24年1月1日以降も旧制度が適用となり、
契約日が平成24年1月1日以降の契約については新制度が適用となります。

ただし、契約日が平成23年12月31日以前の契約が平成24年1月以降に
「更新」・「特約の中途付加」などにより契約内容が変更された契約は
変更時点から「新制度」が適用されます。

年末にかけて増えてくる手続きですので、参考なれば幸いです。

参考リンク先【国税庁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です